open

【森崎ウィン】映画『キャッツ』日本語吹替え版に参加!

森崎ウィンが映画「キャッツ」の日本語吹替え版に、マジックが得意で気弱な猫「ミストフェリーズ 役」で参加します!

 

人生が変わる、極上のエンターテイメント

全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集を元に、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等の大ヒットミュージカルを手がけた制作陣の奇跡の作品が、遂に実写映画化!2020年最大の注目作、映画『キャッツ』が、2020年1月24日(金)より日本公開となります。

この度、日本語吹替え版制作が決定しました!

吹替え版制作が許可されたのは日本含め二カ国のみオリジナル版と同等のクオリティに仕上げるために、本国の制作チーム監修の下、歌唱力・表現力をチェックする厳しいテストが繰り返し行われ、日本を代表する実力派キャスト陣とクリエイター陣の参加が決定しました!

 

【日本語吹き替え参加者】
(敬称略) 葵わかな(ヴィクトリア 役) / 山崎育三郎(マンカストラップ 役) / 高橋あず美(グリザベラ 役) / ロバート秋山(バストファー ジョーンズ 役) /  森崎ウィン(ミストフェリーズ 役) / 大貫勇輔(スキンブルシャンクス 役) / 大竹しのぶ(オールドデュトロノミー 役) / 蔦谷好位置(日本語吹替え版音楽プロデューサー)

 

映画『キャッツ』

■監督:トム・フーパー(『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』『リリーのすべて』)
■脚本:リー・ホール(『戦火の馬』『リトル・ダンサー』)/トム・フーパー
■製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー/スティーヴン・スピルバーグ/アンジェラ・モリソン/ジョー・バーン
■原作・原案:T・S・エリオット/アンドリュー・ロイド=ウェバー
■キャスト:ジェームズ・コーデン/ジュディ・デンチ/ジェイソン・デルーロ/イドリス・エルバ/ジェニファー・ハドソン/イアン・マッケラン/テイラー・スウィフト/レベル・ウィルソン/AND フランチェスカ・ヘイワード
■コピーライト:©2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■全米公開:2019年12月20日(予定)/日本公開:2020年1月24日(金)

■公式 HP https://cats-movie.jp/

 

是非、チェックをお願いします!